有限会社ピー・ファクトリーは福岡でテレビ番組の制作から、企業向けや個人向けの映像をつくる面白プロフェッショナル集団です。

Blog

代表ノダのブログ

撮影の下見なのです

絶品!ネギそば

絶品!ネギそば





例えば、旅番組の撮影スケジュールを組むとき、
この行程だと、このあたりで食事シーンだな、
というのがあるわけです。

ちょっとした食べ歩きならともかく、
がっつり食事という撮影だと、さすがに一日三回以上は不自然になりますから、
メニューのチョイスは慎重になります。
*ギャル曽根ちゃんなどは例外ですよ。マジすごいですから、あの子。

というわけで、メニューを厳選するために、
そのエリアで美味しいと評判のものは片っ端から食べて
本当に偉そうで申し訳ないのですが、選ばせていただくようにしています。

しかし「美味しい」んだけど、流れの都合上、
泣く泣く紹介出来ないメニューもあるわけです。

例えば、昼食シーンが「洋食」だったら、
夕食シーンは「洋食以外」の方が番組的にいいな、とか。

写真の「ネギそば」もそんな運命で紹介出来ませんでした。
でも、本当に美味しいんです。

子供の頃からこってりの豚骨ラーメンばかり食べてきたからでしょうか。
しっかり出汁をとったあっさりラーメンがとても美味しく感じるのです。

いや、そんな事を全部さっ引いても、この「ネギそば」は絶品です。

あえて、お店情報は出しませんので、箸袋をヒントに探してください。
すぐ分かりますよね(笑)

Posted in 番組制作, 飲んだり食べたり コメントをどうぞ

着眼点の凄さ

やれんのか!

やれんのか!




「着眼点がスゴイ」と言ったのは、このエンブレムの事じゃありませんよ。

こりゃスゲエという記事を見つけたのです。

佐野研二郎にヒクソン・グレイシーと闘った高田延彦説が浮上!?
http://dailynewsonline.jp/article/1010205/

つまり、プロレス村で最強を謳っていた髙田さんが、
世界標準であるバーリトゥードの世界に身を投じた時、あっさりやられちゃったのと、
広告村でトップを走っていた佐野さんが、
世界的イベントである五輪の世界に身を投じた時、あっさりやられちゃったのが、
非常に似ている、というお話。

「井の中の蛙大海を知らず」という言葉がありますが、
もしかして、当時の髙田さんも、今回の佐野さんも
「蛙」であり「お山の大将」だったわけですから、ご自身が一番驚いたのではないでしょうか?

「俺はプロレス最強だぞ!」

「俺は広告業界最強だぞ!」

「そんな俺に対して何だ?この扱いは!」と。

これを書いたプチ鹿島さんという芸人さんは存じ上げませんでしたが、
一気に興味が沸いてきました。

残念ながら「芸」ではなく「文才」の方にですが。

何でも「教養としてのプロレス」なる本をお書きになってるらしく、
ものすごく読みたい本の一冊に仲間入りとなったのであります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575154482/otokoman-22/

Posted in プロレス・格闘技 コメントをどうぞ

【UFC191】ありがとう!ノゲイラ

おつかれさまでした。

おつかれさまでした。




UFC191は、フランク・ミアvsアンドレイ・アルロフスキーや、
デメトリアス・ジョンソンのフライ級タイトルマッチなんかもあって楽しみだったんですが、
それを全部吹っ飛ばしてしまったニュースがありました。
しかも今日、試合をしてない人です。

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ引退」
http://jp.ufc.com/news/Rodrigo-Nogueira-grateful-to-remain-with-UFC-after-retirement-from-Octagon

う〜ん、確かにここ数年、打たれ弱くなってたし、フランク・ミアに腕折られたり、
ロイ・ネルソンにノックアウトされたり・・・。

往年の輝きを知ってる僕としては、ちょっと悲しい試合が多かったんで、
引退も仕方が無いと言えば仕方が無いかもしれません。

思い起こせば、プロレスオタクだった僕が完全にPRIDEにハマったのが、
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvsミルコ・クロコップの一戦。

当時、破竹の連勝街道を突き進むミルコを大逆転の腕十字で仕留めた試合はホントに凄かった。

世界のTK、高阪剛が、ノゲイラとアントニオ猪木を比べて、
「ノゲイラの戦い方って例えば猪木さんが若い頃からMMAをやってたら
あんな戦い方をやったと思うんですよ」と言ったのも、
猪木信者だった僕のハートを直撃してしまいました。

ボブ・サップを撃破したり、エメリヤーエンコ・ヒョードルに結局勝てなかったり、
当時、日本人最強と言われた藤田和之とバラエティ番組で綱引きして負かしたり、
勝っても負けても「物語」がある選手でした。

今日のメインでタイトルを防衛したフライ級王者デメトリアス・ジョンソンも
確かにスゴイ選手なんですが、やっぱり格闘技の醍醐味はヘビー級のぶつかり合いだと思います。

そして、それまでは大男がパワーでぶつかり合うだけだったヘビー級に
ノゲイラは「技術」を持ち込んだような気がします。

だから面白かった。

アスリートの引退なんて、結局は本人が決めることなんで、
外野の僕らが四の五の言う事では無いんですが、やっぱり淋しいですよね。

僕らが言えるのはただひとつ。
ありがとう!ノゲイラ!おつかれさまでした。
なのであります。

今後はブラジルで後進の指導にあたるそうですね。
次はノゲイラの弟子がヒョードルの弟子をやっつけたりするのが見たいですね。
ほら、やっぱり「物語」がある人なんです。

Posted in プロレス・格闘技 コメントをどうぞ

春日飲み

春日市にて

春日市にて




タイトルの「春日飲み」は「或る春の日」に飲んだわけではなく、
「オードリーの春日さん」と飲んだわけでもなく、
単に福岡県春日市で飲んだという事です。

一つ驚いた、というか、知らなかったのは、
会社から自宅(福岡市早良区)に帰るより、春日市に行く方が速いという事。

もちろん、春日市には何度も行ったことはあるのですが、車でした。
車だと意外と時間がかかるんです。

地下鉄と西鉄電車を乗り継いでも約20分。

しかも天神で飲むより3割ぐらい安い!

これから増えそうな予感の「春日飲み」だったのであります。

いつものように酔っ払ってお店や料理を撮り忘れたので、
「かすがくん」と「あすかちゃん」になりました。

Posted in 飲んだり食べたり コメントをどうぞ

企画書って・・・

大晦日特番始動!

大晦日特番始動!






企画書は大切です。

納期が決まっていて、予算が決まっていて、
内容も大体決まっているとなると、その企画が通るかどうか、
どこに発注するかどうかなどなどは、企画書で決まります。

最近はネットで「企画書」なんて検索すると
「企画書の作り方」とか「これでOK!企画書テンプレート」とか、
色んなアンチョコが出てきます。

でも、それってみんなが手に入る書式なのであって、
その企画書を選ぶ方(見る方)にしても、
「うんざりするほど見飽きた」書式なのだと思います。

そこで!

僕の企画書の作り方は・・・









って、言えるわけないでしょ、と(笑)

ホント、生命線ですから。

というわけで、弊社に企画依頼をすると、そのノウハウが垣間見る事が出来る!

という、最後は宣伝になって申し訳ないのであります。



もちろん、画像の企画書はダミーですよ。
大晦日特番がこの時期から始動しているのは本当ですが、
このブログのために作りました。

ヒマなのかよ!!

Posted in 仕事のこと, 動画制作, 映像制作, 番組制作 コメントをどうぞ

観光の語源

観光丸

観光丸



旅番組のロケで乗りました。
長崎港の遊覧船「観光丸」です。

実はこれ、観光客が利用するからつけられた名称ではなく、
中国の『易経』の「観国之光(国の光を観る)」からとったものなんだそうです。

つまり、観光旅行などの「観光」は、それからとった言葉なんですって。

これ知ってると、ほんのちょっとだけ自慢出来るかも。

また、この船は大河ドラマ「龍馬伝」のロケでも使用されたとかで、
船内にはロケ風景の写真なども展示されています。

もしかすると、大河役者の方が触れた場所に触れられるかも。
これもちょっとだけ自慢出来るかも。

港巡りが出来る船は色んな観光地にありますが、
この観光丸の凄いところは、海上から色んな世界遺産を観られるという事。

これって、まさに「国の光を観る」事なのであります。

ほら、ちょっと自慢話っぽく語れましたね。

予備知識無しにいきなり旅も大好きなんですが、
行ってから知る、色んな情報もまた、旅の楽しみなのであります。

Posted in 番組制作 コメントをどうぞ

オマージュです。

TOKYO 2020

もう、これでいいんじゃない?な提案







う〜ん、これは由々しき事態ですよね。

新国立競技場に続く、白紙撤回第二弾!

みんながみんな他人事の世界。

森元首相に至っては逆ギレする始末。

お会いしたこと無いんでどんな方か分かりませんが、
もしかしたら佐野研二郎さんは一番の被害者なのかも。

それとも稀代のペテン師?

ただのコピペ君?

最後の決め手になったという、個人ブログからの無断転載(流用?改竄?)。
いくら一般人の目に触れない(であろう)クローズドだからと言って、
あんな国際的イベントのプレゼンで使う手法じゃないでしょ、と。

次、本当にガチで一般公募するなら応募してみようかな。

「亀倉雄策さんへのリスペクトを込めたオマージュです!」って胸張って。

つうか、日の丸に五輪にローマ字開催地に開催年って、ホントに良いデザインですよね。

夏季、冬季問わず、日本開催の時はこれの地名と年号を書き換えるだけ、
ぐらいの覚悟を持ってやっちまえ!と思うのであります。

あ、ちなみに、どっかの女子大生が作った招致エンブレム。
あれも秀逸ですね。大好き。

Posted in 未分類 コメントをどうぞ

ついに入店!ダメヤ

ナス入りチキンキーマ 900円

ナス入りチキンキーマ 900円



ついに入店出来ました!
知る人ぞ知る、カレーの名店「ダメヤ」。

名店なのに「ダメヤ」というのが、たまらなく良い。

いつ開いてるか、いつ開くか、何時まで開いてるか・・・。

要は「運」なのです。

そんな、あまりにも極端な不定休ぶりが「ダメ」なのか?

店主の愛想の無さが「ダメ」なのか?(これは僕が一見さんだからでしょうね)

あんまり商売っ気が無いところが「ダメ」なのか?

味が「ダメ」なわけじゃないのは、食べた人なら皆わかる。
いや、「ダメ」どころか「イイ」なのであります。

食べログが大嫌い(的な貼り紙あり)らしいので、
当然、テレビ取材などはNGなんでしょうね。

う〜ん、映像屋というかテレビ屋としては、多くの人に紹介したいのですが、
ここは「知る人ぞ知る」のままでいいんじゃないかなぁ、とも思うのであります。

興味のある人はぜひ!

メニューは日替わりのようです。
その日の仕入れなのか、店主の気分なのか?
そんなことも聞けない僕が「ダメ」なのであります。

Posted in 飲んだり食べたり コメントをどうぞ

大塚家具に行ってみた

大塚家具

大塚家具




行く事自体は初めてではありませんが、
「お家騒動」以来、初めて行きました。

「大塚家具」

あれ? 入りやすい、お求めやすい店になるんじゃなかったっけ?


そんなに入りやすくは無いし、ましてやお求め安くないぞ(僕だけ?)

なんのための親子喧嘩だったのかなぁ。

それにしても、なんだか悲しい争いでしたね。

僕にも娘がいるのですが、もし将来「あなたの経営は古い!」みたいな言われ方して、
会社を追い出されたらと思うと、ものすごく悲しい気分になります。

でもウチは大丈夫。

だって骨肉で争う程、儲かってないもん(´-ω-`)なのであります。

Posted in 私的なこと コメントをどうぞ

Dropboxがドロップ?

Dropboxがドロップ?

Dropboxがドロップ?



DropBoxを使っています。

いわゆるクラウドストレージですね。

で、どうも同期せんなぁ、と思って、何やかんや試してみたけどダメ。

ネットニュースで調べてみると、どうやら世界的なサーバーダウンのようです。

おいおい、仕事出来んぞ、と。

バックアップは至る所にしてあるんで、データそのものは大丈夫なんですが、
クラウドをフル活用してる我々としては、ホントに困る。

金返せ!と叫んだところで、約款には見えないぐらいの小さな字で
「保証しません」とか何とか書いてあるんだろうなぁ。

あ、「接続中」から「開始中」に変わった。

始業時間までには回復してもらわないとホントに困るのであります。



Posted in 動画制作, 映像制作 コメントをどうぞ